N高と共通したあたらしい教育

学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部

フリーコールの受付を停止中
N高等学校公式facebook N高等学校公式twitter N高等学校公式YouTubeチャンネル

N高と共通したあたらしい教育

N中等部ブログ

【講義紹介】21世紀型スキル学習 マインクラフトで新しい世界を創造する

 

N中等部 ネットコースでは、「21世紀型スキル学習」の一環として、ものづくりゲーム「マインクラフト」(以下、マイクラ)(※)を授業で活用しています。

 

※世界中で累計一億本以上販売されている、ブロックを設置して遊ぶものづくりゲーム。素材をもとに建物や家具などを作り、ブロックを組み合わせ、オリジナルの世界を構築していく。近年、プログラミング教育・情報教育・協同学習などの教材として使用されることも多い。

 

不定期開催ではあるものの、マイクラを使う授業を生徒たちはとても楽しみにしています。

マイクラの授業の目的は、仲間と協力する大切さを学ぶこと。初めてマイクラを使う生徒も多いので、まずは操作に慣れることを目標に、授業を進めていきます。

 

初回の授業では、マイクラの特性をクイズ形式で学んでいきました。以下のスライドは、授業で出したクイズです。さて、正解は分かりますか?

 

 

正解は2番の2011年です。2009年5月10日にPCでの開発が始まったマイクラ。シンプルでありながら探索、モノづくりが楽しめるゲーム性が好評を博し、2010年末にベータ版が出るころには、正式版のリリース(2011年11月18日)を待たずして世界的な人気を誇っていました。

 

 

 

マイクラにまつわる知識を得たあとは、グランドルールの確認を行いました。N中等部では、マイクラの世界に入る上で、以下のルールを設けています。

 

・楽しい授業にするために、相手のことを思いやりましょう

 

・困った時は先生やTA(ティーチング・アシスタント:以下、TA)の先生に相談しましょう

 

・マイクラを初めてプレイする人もいます。やったことある人は優しく教えてあげましょう

 

・マイクラ上では名前が分かりません。困っている人がいたら助けてあげましょう

 

ゲーム内でも安心・安全に過ごせるよう、生徒と約束をしてから、マイクラの説明動画を視聴。準備を整え、実際にマイクラを起動し、同じサーバーに全員で入ります。この日は、拠点となる家を各自で作っていきます。

 

ブロックで自分の家を作ることは、マインクラフトの魅力のひとつ。

本格的な家づくりは初心者には難しいため、最初の授業では、シンプルな四角形の家(通称:豆腐ハウス)の作り方を学びました。

「簡易的なおうちで良いよ!」と声をかけていたものの、生徒たちは意欲的に取り組み、大小さまざまの自宅を制作していました。操作が分からず困っている生徒がいると、マイクラ上級者の生徒がフォロー。生徒同士で助け合っていた様子が、印象に残っています。

 

 

2回目の授業は、初回授業の復習と、グランドルールの確認からはじまります。この日の目標は、ジェットコースターの作成。

前回同様、説明動画を視聴したあと、ジェットコースターの作成にチャレンジします。大きなジェットコースターから、距離のあるもの、コンパクトなものまで、個性豊かなジェットコースターが、続々と完成していきます。

 

授業の最後には、仲間が作ったジェットコースターに乗り込み、楽しいひと時を過ごしました。

 

 

この授業でも、困っている生徒に対して、他の生徒が手ほどきする場面がありました。また、教職員、TAが、マイクラ上級者の生徒から操作について教えてもらうことも。

このように、生徒たちは、モノづくりを楽しみながら、仲間と協同、協働する大切さを学んでいます。

 

想像力、発想力次第で、無限に広がっていくマインクラフトの世界。これから、どのように発展していくのかが楽しみです。

今後の学習の様子は、またブログでお伝えしていきます。

一覧へ戻る

その他の記事

ネットコース全体
2020/07/27

【講義紹介】プログラミングの授業から生まれた、生徒たちの作品

ネットコース全体
2020/07/14

みんなで「新入生歓迎会」を企画しよう

ネットコース全体
2020/07/02

【講義紹介】ネット自習室 ネット自習室へようこそ! TA主宰のイベントを開催

Page Top