N高と共通したあたらしい教育

学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部

0120-9917-00 受付時間:平日9:30~20:00
N高等学校公式facebook N高等学校公式twitter N高等学校公式YouTubeチャンネル

N高と共通したあたらしい教育

Project

実社会に繋がるプロジェクト学習で
自分のやりたいことに向かう

プロジェクト学習

与えられた問題ではなく、自分で見出した課題の解決に挑戦することで、
「自分がやりたいことを見つける」「表現力を磨く」「チームで取り組む」など、
より社会で貢献できる人材になるためのトレーニングを中学生のうちから始めます。

なぜプロジェクト学習が
重要なのか

社会で求められる力の変化

  • 成長する時代

    〜1970年代まで

    【知識】

    均質かつ従順な
    労働力が
    求められた

  • 成熟した時代

    ~2010年代まで

    【思考力】

    「なぜそうなるのか」
    という問題意識や
    分析力が求められた

  • 予想困難な時代

    現在

    【協働力】

    正解のない問題に
    対して、協働して解を
    作る力が求められる

課題解決・価値創造に
挑戦する

チームで関心のある現代社会の問題を分析し、解決策を考え、実行する、本格的なアクティブラーニングです。21世紀型スキル学習で身につけた力を社会で活用するために、自分自身の感性と社会課題を繋げる練習を行います。また、新しい価値を生み出し、社会にインパクトを与える人材を目指します。

学習方法

N中等部のプロジェクト学習のカリキュラムは、主に3つの形式で構成されます。

  1. STEP 01

    ケース・スタディ

    考え方とグループワークを
    実践的に学ぶ

  2. STEP 02

    ワークショップ

    考えを形にし、
    チームで協働力を学ぶ

  3. STEP 03

    プロジェクト

    自分たちの問題意識への解決案を
    提案して、総合力を学ぶ

ケース・スタディ
ワークショップ
プロジェクト

現実の社会では正解のない問題にであうことがあります。そのようなときは、自分たちで答えを導き出し、相手に伝える力が必要となります。モノづくりやプレゼンテーションに挑戦し、グループワークを通じて多様な価値観を学ぶ中で、それらの力を養います。さまざまな視点を持つことで、自分の奥底にある問題意識に気づきます。

教材例「N中をレゴでつくる」

正解のない課題に対して、自分で考え、チームで答えを模索するアクティブラーニングの一環として、「あたらしいN中をレゴでつくる」を実施。自分たちが感じるN中等部の魅力と課題を発見することでペルソナを設定し、他者にとってもいいものを考えられる視点を養います。自分たちや社会にとって、価値あるモノを考え、レゴで形にするプログラムです。

学習目標

スキルの活用
21世紀型スキル学習で身につけたスキルを、社会の中でどのように使うのかを学びます。
思考から行動へ
考えるだけで終わらず、手を動かして、自分たちのアイデアを形にします。
課題解決
自分たちで答えをつくるプロセスを通して、課題解決力を身につけます。

探究活動

3ステップの探究活動により、自分なりのイノベーションを通じた問題解決を目指します。この3ステップを何度も繰り返すことで、21世紀型スキルを使いこなす力が身につきます。

学習モデル

図:N高等学校と連携した探究学習図:N高等学校と連携した探究学習
  1. STEP 01

    自己認識、他者理解

    感性を磨き、自身を客観的に分析し、本当の自分に気づきます。また、他者への共感と自分のやりたいことをすり合わせて、自分がやりたいことを明確につかみます。

  2. STEP 02

    他者との協働

    一人でアイディアを出し続けたり、物事をやり遂げることは困難です。グループワークで、他者と協力する方法や、人それぞれ異なる多様な意見のまとめ方を学びます。

  3. STEP 03

    価値創造、課題解決

    自分や他者や社会に対する自分なりのイノベーションは、価値創造と課題解決に分けられます。ケーススタディやワークショップ、そしてプロジェクト学習にチームで本気に挑戦します。

Page Top