N高S高と共通したあたらしい教育

入学相談窓口

平日10:00〜19:00

※感染拡大防止及び職員の安全確保観点から、人数を減らして対応しております。

N高S高と共通したあたらしい教育

Problem / Project Based Learning

社会の課題と向き合い
自分のやりたいことを深める

PBL

与えられた問題だけではなく、自分で見いだした課題の解決に挑戦することで、
「自分のやりたいことを見付ける」「表現力を磨く」「チームで取り組む」など、
総合力を持って、より社会で貢献できる人材になるためのトレーニングを中学生のうちから始めます。

なぜPBLが
重要なのか

社会で求められる力の変化

  • 成長する時代

    〜1970年代まで

    【知識】

    均質かつ従順な
    労働力が
    求められた

  • 成熟した時代

    ~2010年代まで

    【思考力】

    「なぜそうなるのか」
    という問題意識や
    分析力が求められた

  • 予想困難な時代

    現在

    【協働力】

    正解のない問題に
    対して、協働して解を
    作る力が求められる

課題解決・価値創造に
挑戦する

チームで関心のある現代社会の問題を分析し、解決策を考え、実行する、本格的なアクティブラーニングです。21世紀型スキル学習で身に付けた力を社会で活用するために、自分自身の感性と社会課題をつなげる練習を行います。 また、新しい価値を生み出し、社会にインパクトを与える人材を目指します。

学習目標

スキルの活用
21世紀型スキル学習で身に付けたスキルを、社会の中でどのように使うのかを学びます。
思考から行動へ
考えるだけで終わらず、手を動かして、自分たちのアイデアを形にします。
課題解決
自分たちで答えをつくるプロセスを通して、課題解決力を身に付けます。

学習例

現実の社会では正解のない問題に出合うことがあります。
そのようなときは、自分たちで答えを導き出し、相手に伝える力が必要となります。
ものづくりやプレゼンテーションに挑戦し、グループワークを通じて多様な価値観を学ぶ中で、
それらの力を養います。
さまざまな視点を持つことで、自分の奥底にある問題意識に気付きます。

授業の内容は年度ごとに異なります。

課題解決のプログラム
「QAIKETSU」

身の回りに存在するさまざまな人の“困りごと”からテーマを設定。チームで解決策を探りながら、アイデアを形にすることで、社会で実践されている課題解決のプロセスを学びます。

活用スキル

論理的思考、協同/協働、情報整理・分析、デザイン思考

価値創造のプログラム
「SOWZO」

“カバン・お菓子・遊び”などをテーマに、ものごとに新しい価値の創造を見いだすことを目指します。自分のこだわりをきっかけに、他者にも喜んでもらえるアイデアの発想法を学び、実践します。

活用スキル

創造的思考、批判的思考、プレゼンテーション、アート思考

学習モデル

3ステップの探究活動により、自分なりのイノベーションを通じた問題解決を目指します。N中等部でこの3ステップを何度も繰り返し学ぶことで、21世紀型スキルを使いこなす力が身に付き、卒業後により実践的で中長期的なプログラムに挑戦できるようになります。

図:N高等学校・S高等学校と連携した探究学習
  1. STEP 01

    21世紀型スキル学習

    自己認識と他者理解に関するスキルを身に付け、他者と協働する方法を学びます。

  2. STEP 02

    PBL(プロジェクト学習)

    価値創造や課題解決のワークショップで、自己や他者、社会に対する自分なりのイノベーションについて考えます。

  3. STEP 03

    プロジェクトN

    現実の社会に存在する問題に対し、解決策を企画し制作物をアウトプットします。

Page Top