N高と共通したあたらしい教育

学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部

0120-9917-00 受付時間:平日9:30~20:00
N高等学校公式facebook N高等学校公式twitter N高等学校公式YouTubeチャンネル

N高と共通したあたらしい教育

21st Century Skills

さまざまな視点から自分を知り
チームで協働する力を学ぶ

21世紀型スキル学習

思考スキル、コミュニケーションスキル、情動スキルなどを身につけます。
自分なりのイノベーションを起こしながら、社会で活躍する人材へのスタートを切ります。

21世紀型スキルプログラムとは

角川ドワンゴ学園は生徒が未来の社会を、より良く生きていけるスキルを育成するために21世紀型スキルプログラムの開発、実証、提供に取り組んでいます。
21世紀型スキルプログラムは世界保健機関(WHO)が提唱するライフスキルとATC21Sが提唱する21世紀型スキル〔※〕を参考に、専門家と共同で開発しているオリジナルのプログラムです。

※21世紀型スキル:
デジタル時代に必要となるリテラシーを含むスキル

ライフスキル

世界保健機関(WHO)は、日常のさまざまな問題や要求に対し、より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力を「ライフスキル」として下記の10個のスキルを挙げています。

  • 01自己認識
    スキル
  • 02共感性
    スキル
  • 03コミュニ
    ケーション
    スキル
  • 04対人関係
    スキル
  • 05意思決定
    スキル
  • 06問題解決
    スキル
  • 07創造的思考
    スキル
  • 08批判的思考
    スキル
  • 09感情対処
    スキル
  • 10ストレス対処
    スキル

正解のない社会を
より良く生きるためのスキル

AIやIoTの登場による第4次産業革命で47%の雇用がAIによって奪われると言われています。不確実で予想困難な社会では正解を見つけるのではなく、新しい問いや答えを創り出すことが求められます。
21世紀型スキル学習では、自己の内面を認識し、多様な他者と協同/協働しながら正解のない課題に取り組むスキルを身につけ、一人ひとりが将来をより良く生きていくための教育プログラムを21世紀型スキル学習としてN中等部で実践しています。


角川ドワンゴ学園は2016年からライフスキルや21世紀型スキルの調査研究を開始し、専門家や自治体と連携しながらプログラムを開発してきました。
2018年には経済産業省の「未来の教室」に採択され、効果実証をしました。そこで開発された教育プログラムの一部をN中等部に導入しています。

学習方法

対面講義を中心に、ワークショップ形式で実施していきます。
個人でのワークや、複数名でのグループワークを通して実践的にスキルの習得を目指します。

  1. 01

    感情
    トレーニング

    認知科学や脳神経科学を
    ベースにしたプログラムで、
    セルフアウェアネスや
    メタ認知のトレーニングを行い、
    自己認識を向上します。

    感情トレーニング

    感情に支配されず、
    自分の能力を発揮できる状態を
    目指します。

  2. 02

    思考
    トレーニング

    正解のない課題に取り組むためには、
    アイディアを拡散、収束させたり、
    批判的または創造的に考たりなどの
    「考え方の考え方」が求められます。
    さまざまな問いや活動のなかで
    こうした思考スキルを身につけます。

    思考トレーニング

    思考スキルを身につけて、
    自分にとっても周囲にとっても
    「いいアイディア」を出せるように
    なることを目指します。

  3. 03

    コラボレーション
    トレーニング

    言語だけでない、
    表情や身ぶり手ぶりなどの
    非言語表現も含めた
    総合的なコミュニケーション/
    コラボレーションスキルを身につけ、
    チームワークを学びます。

    コラボレーショントレーニング

    多様な他者を受容し、
    関係を築き、
    協同/協働できることを
    目指します。

スキル診断(アセスメント)

自分のスキルの強みや弱みを認識できるよう、スキル診断を筑波大学人間系相川充教授監修の下、横浜国立大学教育学部高本真寛准教授と共同開発しました。定期的にスキル診断をすることで、自分の特徴を活かした成長がのぞめます。

21世紀型スキル診断
  • 相川 充

    監修者

    筑波大学人間系教授

    相川 充

    さまざまな問題に建設的かつ効果的に対処できる能力、ライフスキル。これが高ければ、幸せになれます。人を幸せにすることもできます。日本や世界を明るくできます。まずは、自分のライフスキルの程度を知ることから始めましょう。

  • 高本 真寛

    共同開発者

    横浜国立大学教育学部
    准教授

    高本 真寛

    自分を知る道具、それがアセスメントです。まず、ライフスキルアセスメントを通じて自分のライフスキルを数値化して客観的に捉えてみましょう。それが自分の強みを知るきっかけになり、さらなる成長の第一歩になります。

Page Top