N高S高と共通したあたらしい教育

学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部

0120-9917-00 受付時間:平日10:00~19:00
N高等学校公式facebook N高等学校公式twitter N高等学校公式YouTubeチャンネル

N高と共通したあたらしい教育

N中等部ブログ

キャンパスを彩る3Dプリンターで作った作品たち

 

新宿キャンパスの出入口には、3Dプリンターの作品が並んでいます。これらの作品は「プログラミング」(モノづくり授業)や「自由選択学習」(自分が取り組みたい学習に充てられる時間)の時間に生徒が制作したもの。

建物やキャラクター、日常を少しだけ豊かにするアイテム、季節をモチーフにしたグッズなど個性溢れる作品ばかり。

新宿キャンパスを彩る作品の一部を紹介します。

 

3Dプリンターの作品のモチーフは生徒が自由に決めています。例えば、自分の好きなものを制作した生徒もいます。こちらは、戦艦に興味がある生徒の作品です。

 

 

上が「巡洋艦多摩型」、下が「三笠」だそうで、通信用のアンテナや通信傍受のアンテナなど、細部までにこだわって再現して制作したことが伝わってきますね。

 

キャンパス内に実際にあるものを制作した生徒もいます。こちらの作品は、普段授業で使用する6角形の机を模倣したものです。レゴブロックとの相性がバッチリです!

 

 

なかには、日々の生活を少しだけ豊かにしてくれる便利なアイテムもあります。下記の写真の左側は、出席管理のカードのタッチを忘れてしまうことを防ぐための文字盤です。

 

一方、右側は非接触型体温計の入れ物。おかげさまで「体温計、どこに置いたっけ?」と探す時間がなくなり、登校時の検温がスムーズになりました。

 

 

 

このように「作品」と一口で言っても雰囲気も大きさも千差万別です。制作時間もさまざまで、授業中に完成させる場合もあれば、1週間以上ひとつの作品に注力することも。生徒同士で制作のコツを教え合いながら、和気あいあいと作品づくりに取り組んでいます。

 

他の生徒の作品から刺激を受けることも多い様子で、キャンパスの出入口に新しい作品が加わるたびに、「これ、誰が作ったの!?」「すごい!」などの会話が飛び交っています。

 

秋の文化祭では、3Dプリンターの作品や生徒が描いた絵などを展示し、作品をみた人が感想を付箋に書く「アート観賞会」を行う予定です。

 

新宿キャンパスにお越しの際は、3Dプリンターの作品をぜひご覧ください。

一覧へ戻る

その他の記事

新宿
2021/01/27

【新宿】文化祭で白熱バトル!勝者を予想せよ!

新宿
2020/08/12

【講義紹介】21世紀型スキル学習~会話に役立つ5つのスキルを学ぶ~

新宿
2020/07/09

コーチング(個別面談)で”なりたい自分”をイメージする

Page Top