N高S高と共通したあたらしい教育

入学相談窓口

平日10:00〜19:00

N高S高と共通したあたらしい教育

N中等部ブログ

【横浜】交流会大盛況!
コミュニケーションビンゴを通して生まれた、新たなつながり

 

開設から2年目を迎えた横浜キャンパス。新年度から約2ヵ月が経過し、新入生も少しずつ授業に慣れてきた様子です(※)。

 

※N中等部では4月、7月、10月、1月に新入生を迎えています。

 

N中等部のメインコンテンツである「21世紀型スキル学習」、ICTリテラシーを身につけるワーク型の授業「情報リテラシー」は、在籍の年数に応じて内容が異なるため、N中等部に在籍して1年目、2年目の生徒に分かれて授業を行っています。

 

休み時間や、Slack(角川ドワンゴ学園で使用しているコミュニケーションツール)を通して、新入生・在籍生の交流は少しずつ広がっているものの、「授業が分かれてしまうのでお互いのことを知られる機会が少ない」「もっと話すきっかけがほしい」と感じている生徒もいるのではと考え、「自由選択」(生徒自身が興味・関心のあることを自由に自学する時間)の時間に、交流イベントを開催しました。

今回のイベントでは「コミュニケーションビンゴ」というゲームを行いました。

ビンゴゲームの用紙に書かれているミッションを、他の生徒とコミュニケーションを取りながら、ひとつずつクリアしていくオリジナルのビンゴです。1人1枚、用紙を配りました。

 

下記の画像は実際に配ったビンゴの用紙です。「自分と同じ血液型の人を見つける」「生まれ変わったらなりたい動物を聞く」といった比較的簡単なミッションから、「オススメの映画かアニメを聞く」「推し作家を聞く」など趣味をテーマにしたもの、「兄弟or姉妹がN/S高等学校に通っている人を見つける」「自分よりも年下の人を探す」といった難問まで、バラエティ豊かなお題が並びました。

 

 

また、「1年目2年目(の生徒)複数人でNポーズの写真を撮る」「N中等部で楽しかった思い出を聞く」といったコミュニケーションを深め合うようなお題も組み込んでいます。

 

お題について話を聞いたら、回答者の名前、内容を記入。ひとりでも多くの人と会話してほしいという思いから、お題の回答者はすべてのマスを違う生徒にするというルールにしました。制限時間の30分内に多くのマスを埋めることが目標です。

 

 

 

生徒からは「むずかしそう!」「埋められる自信ないがない!」といった声もありましたが、いざはじまってみると積極的に話しかける生徒が多く、緊張気味だった生徒も奔走していました。

 

生徒たちは21世紀型スキル学習で学んだ「話し方・聞き方」を活用し、臨機応変にコミュニケーションを楽しんでいる様子。

また、2年目の生徒は、困っている生徒に話しかけたり、生徒同士をつなげたりと、頼もしい姿を見せてくれました。

 

イベントの最中、共通の趣味を持った仲間を見つけ、話が白熱して残り時間が少なくなってしまったり、「じゃんけん」や「あっち向いてホイ」で負け続け、「あっち向いてホイで勝つ」「じゃんけんして勝つ」のミッションをクリアできなかったりと、想定外の出来事も起きていました。

 

制限時間の10分前には、全マス埋めた生徒もいて、みんなから驚きの声が!

最終的には7人の生徒が全マスビンゴ! 惜しくもビンゴできなかった生徒も含め、教職員、TAの予想をはるかに越える大健闘でした。

 

クリアした生徒たちには、手作りの表彰状と景品のお菓子の詰め合わせを贈りました。

 

 

イベントは大盛況で幕を閉じ、生徒からは「あと1マスだったのに!」「同じ趣味の人が見つかってよかった!」などの声が上がっていました!

 

 

同日の昼休み、さっそく共通の趣味で盛り上がっている生徒がいたり、1年目、2年目の生徒で「UNO」をしたりと、イベントを通して、新たなつながりが生まれたことを感じました。

お互いのことを知り、生徒同士の絆もより深まった様子です。

一覧へ戻る

その他の記事

横浜
2021/11/04

【横浜】秋晴れの空の下、公園へ!{br}~公園企画(自由選択学習 「in the park…

横浜
2021/10/06

まるで新キャンパス!? 新学期を迎え、横浜キャンパスが大きく様変わり!

横浜
2021/03/19

横浜キャンパスへようこそ! 新入生歓迎会を開催

Page Top