N高S高と共通したあたらしい教育

入学相談窓口

平日10:00〜19:00

N高S高と共通したあたらしい教育

N中等部ブログ

【名古屋】資格取得のための勉強ブームが到来!
それぞれの学びに励む生徒たちにインタビュー

 

新生活がスタートする春は、新しいことを始めるのにピッタリな季節です。名古屋キャンパスでも、積極的に新しいチャレンジをする生徒が増えてきました。生徒たちの中でブームになっているのが「資格取得のための勉強」です。今回は資格取得のための勉強に励む生徒たちについてお話します。

 

N中等部には、生徒自身が興味・関心のあることを自由に自学する「自由選択」の時間があります(※)。

 

※ N中等部の通学コースは週5日・週3日・週1日の3つの通学スタイルを用意しています。自由選択は、週5コースは週4コマ、週3コースは週2コマ設けています。

 

この時間を活用して、「教科学習」(英語・数学・国語・理科・社会)、「プログラミング学習」など多様な学びに取り組んでいます。

今年の1月あたりから、資格取得に向けた勉強をする生徒が少しずつ増えてきました。資格取得を志す3人の生徒に、学習をサポートしているTA(ティーチング・アシスタント)がインタビューし、どのような資格の勉強をしているかなどを聞いてみました!

 

1人目は、「日商簿記検定」取得を目指す生徒。簿記は学ぶことで、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、経営管理や分析力を身につけることができます。公認会計士や税理士などの国家資格を目指す人や、社会人のキャリアアップにも役立つ資格です。

 

「簿記2級取得のための勉強に取り組んでいます。簿記取得を目指したきっかけは、親の影響と経済への好奇心から。簿記2級は株式に役立つ知識が豊富です。パズルのような面白さがあって、勉強も順調に進んでいます。また、簿記資格のほか、基本情報技術者試験(国家試験の情報処理技術者試験の区分のひとつで、ITエンジニアの基礎とも呼ばれている)にも挑戦したいです!」

 

続いては「数学検定」取得を目指す生徒です。数学検定とは、数学の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測り、論理構成力を見る記述式の検定です。

 

「親に勧められたことがきっかけで、数学検定に興味を持つようになりました。3級は既に取得しているので、今は準2級の勉強をしています。数学検定は論理的思考も鍛えられます。使える武器を少しずつ増やしていくような感覚で、楽しく学んでいます。理解を深めていくうちに数学の考え方が変わりました! いつか基本情報技術者検定にも挑戦してみたいです!」

 

最後に紹介するのは「実用英語技能検定(英検®)」取得を目指す生徒です。英検はスピーキングを含む4技能を測定。日常会話からビジネス活用まで、「使える英語」で英語でのコミュニケーションを広げることができます。

 

「普段の勉強だけでは測ることのできない、国際基準での自分のレベルを知りたいと思い勉強を始めました。3級は取得済みで、現在準2級の結果待ちです。中学1年生範囲の勉強はじめたのが昨年の6月だったことを考えると、かなりのハイペースでここまで来ました! 英検の勉強は決して楽しいことだけではないですが、やりがいも感じています。キャンパスで研鑽を積めたことは良い経験になりました。今後はTOEIC(TOEIC Listening & Reading Test)や、数学検定なども挑戦したいです!」

 

その他にも漢字検定や、上記でも話題となっていた基本情報技術者検定、など、幅広い資格の勉強に取り組んでいます。

中には日本のお城の検定である「日本城郭検定」というユニークな検定にチャレンジしている生徒も! 

また、新入生からは「アマチュア無線の試験を受けてみたい!」という声が上がっていました。

 

資格の勉強は、将来役立つだけではなく、その分野の興味・関心を広げることにもつながります。同じ目標に向かう仲間が増え、生徒たちのモチベーションがますます高まっている様子です。

一覧へ戻る

その他の記事

名古屋
2021/10/13

【名古屋】通学コース生が語る「私がN中等部に入学して成長したこと」

名古屋
2021/09/13

【名古屋】在校生がN中等部生活について堂々スピーチ{br}夏のオープンキャンパスを開催! 

名古屋
2021/03/04

名古屋キャンパス生徒による「N中等部のすゝめ」

Page Top