N高と共通したあたらしい教育

学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部

0120-9917-00 受付時間:平日9:30~20:00
N高等学校公式facebook N高等学校公式twitter N高等学校公式YouTubeチャンネル

N高と共通したあたらしい教育

Basic

社会で活躍するための礎となる学力を
自分のペースで着実に身につける

基礎学習(国・数・英)

将来のキャリア形成・志望校合格に向けて、
中学生から大学進学を視野に入れた学習をスタートさせることができます。
講義と教材が一体となったオリジナルアプリを中心に、
自分のペースで「分かる」「できる」まで学習できるので、勉強が楽しくなります。

「読解・計算・表現」の
3つの基礎力を身につける

N中等部では、全ての学びの基礎となる「国語・数学・英語」の3科目を「基礎学習」と位置付け、カリキュラムを通して学習を進めます。そして、「読解・計算・表現」の基礎力を身につけるだけではなく、課題解決のためにそれらを使えるようになることを目指します。また、専用のオリジナルアプリを使い、自分のペースで着実に学力の土台作りができます。

専用のオリジナルアプリ
「N予備校」

自分のペースで学力の土台作り

オリジナルアプリ「N予備校」を使い、一流講師による映像講義とオリジナル教材を、自分のペースで学ぶことができます。つまづいても、一度立ち止まって理解し直し、再び成長することができます。

一般的な集団指導

勉強が得意な生徒の可能性を抑えてしまう一方で、一度つまずいた生徒は、理解できないまま集団に追いつけない。

N中等部

得意な生徒は先に進み、つまずいた生徒は立ち止まり理解し直すことができる。自分のペースで自由に学ぶことができる。

映像講義とオリジナルの教材で
基礎力を定着させる

  1. STEP 01

    理解

    理解

    6分程度の映像講義を受講し
    学習内容を理解します。

  2. STEP 02

    定着

    定着

    演習問題を解き、
    知識を定着させます。

今後の学習の基礎となる国語、数学、英語の中学校範囲を網羅しています。その他の科目は自学自習での対応ですが、N予備校の大学受験講座で先取り学習をすることもできます。

国語

読解力や表現力を高め、
コミュニケーションスキルを磨く

読んだことや聞いたことを批判的(クリティカル)に捉えて、自分なりの視野や考えを広げられるようになります。また、そうして培った自分なりの視野や考えを、論理的に組み立てて伝える力を磨いていきます。

目指す状態

  • 情報を正しく読んだり聞いたりすることができ、
    そこから自分の視野や考えを広げることができる
  • 物事を批判的にとらえ、自分なりの最適解をもつことができる
  • 論理的に考えたり、表現したりすることができる
STEP 01 STEP 02 STEP 03
読解
(読むこと、
聞くこと)
文の構造を理解し、
段落や意味の繋がりから
文章を理解できる。
文章を読んで
解釈・理解し、
自分の考えを広げ、
深めることができる。
文章の種類を踏まえて
論理や物語の展開を捉え、
批判的に読むことができる。
表現
(書くこと、
話すこと)
自分の思いや
考えをまとめて
分かりやすく、伝えることができる。
多様な視点や
方法から集めた
材料を整理して伝えることができる。
多様な読み手に
伝わるように、
論理の展開を考えて
表現することができる。

数学

数学の学びを通して、
論理的思考とその表現方法を身につける

身につけた知識を問題解決の場面で使えるようにするための、カリキュラムを用意しています。3年間の学習内容を4つのカテゴリに分け、従来の学年を超えて単元間の繋がりを重視した有機的な学びができるようになっています。

目指す状態

  • 解答までの道筋を論理的に設定、表現できる数学的思考ができる
  • 問題に対し解決のためのさまざまなアプローチを粘り強く考えられる
  • 状況把握の思考を身につけ、抽象的な問題を解決することができる
例:1年次の学習

英語

英語で学び、
世界に羽ばたくスタートを切る

グローバル化の進んだ現代において、国際的に活躍する人材には高度な語学力が求められます。「聞く・読む・話す・書く」を効果的にマスターし、世界に羽ばたく夢に向かって、着実な力をつけられます。

目指す状態

  • 英語を使って、自分の興味・関心を広げることができる
  • 英語を主体的に学び続けるための基礎力を身につけている
  • 英語でコミュニケーションをとるための基礎力を身につけている

英語の4技能を効率よくマスター

グローバル時代の標準語である英語。4つの技能である、「聞く・読む・話す・書く」力をバランスよく身につける必要があります。中等部では3年間を通して、英語の4技能の基礎を身につけ、さらに英語を使って、自分の世界を広げられる生徒を育てます。

図:英語の4技能インプット・アウトプット

学習方法

N中等部通学コースの英語は、デジタルとリアルを融合させたカリキュラムで4技能を実践的に身につけます。オリジナルアプリでは、自分のペースでbe動詞・一般動詞などの基本から中学校卒業レベルまでをバランスよく学びます。対面英語では、ITを利用しながらライティングやスピーキングなどのアウトプットを中心にした実践的な英語を学びます。

学習方法学習方法
  • N予備校

    N予備校

    自分のペースで学習できるオリジナルアプリ「N予備校」を使い、まずは 中学レベルの英語の基礎を身につけ ます。「ゼロから英語」や「英語多読」など多様なコンテンツを使い、 生徒一人ひとりのレベルに合った学 習を進めることができます。

    • 読む
    • 書く
    • 聞く
    • 話す
  • 対面英語

    対面英語

    N予備校で学習した内容を実際に使うことを通じてスピーキングやライティングに必要なスキルを身につけます。同時翻訳、音声認識機能などを取り入れたITベースの講義を行います。

    • 書く
    • 聞く
    • 話す

学習到達目標

Can-Doリスト

中等部の英語は、このCan-Doリストをもとに進めます。Step1~3を中等部での到達目標とし、一人ひとりの習熟度に合わせた柔軟なカリキュラムのもと、4技能をバランスよく習得します。

Step 1 Step 2 Step 3
読む 簡単な語句や
文の理解
簡単な文章や
対話文の理解
身近な暮らしに関する
文章や物語の理解
書く 基本的な単語や
短いメモの記述
自己紹介の文章や簡単な
文でのやりとりの記述
興味あるテーマや
自信の経験の記述
聞く あいさつや質問など、
基本的な表現の理解
簡単な文や
指示の理解
身近な話題や
指示の理解
話す あいさつなどの
定型表現の発話
定型表現や簡単な
語句・
文を使った自己紹介
身近な話題や
自分の考えの発話
活用例 自分の興味のあることを
英語で検索できる
英語で
自己紹介できる
英語で道案内をしたり、
情報を発信できる


年3回の実用英語技能検定(英検)を受けて、一人ひとりの英語力の成長を確認します。なお、検定の参加は任意で検定料は自己負担です。

専用のオリジナルアプリN予備校
生授業、教材(問題集・参考書)、Q&Aシステム(質問掲示板)

N予備校では大学受験について熟知している一流講師が、教材制作(参考書・問題集)と講義の両方を担当しています。そのため、講義で学んだことを問題集で定着させたり、問題集で分からないところを講義で理解したりと、N予備校内だけで「分かる」「できる」まで学習することができます。

N予備校はN中等部だけでなく、N高等学校でも使われています。学習参考書の出版社として約30年の歴史を持つKADOKAWA中経出版の蓄積したノウハウが詰め込まれた教材と実力派講師陣による講座で大学受験のための学習、プログラミングなどが学べます。

Page Top