N高との一貫教育

学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部

0120-9917-00
受付時間:平日9:30~20:00

N高との一貫教育

先輩の声

夢を見つけ自分らしく成長するN高等学校の先輩たちに、高校生活についてや、
中学生の自分へのメッセージを語ってもらいました。

N高生から

植木 萌々香

植木 萌々香さん

クリエイターになるために!

N高に入る前は何事にも情熱を持てず、漠然と生徒会活動や勉強をしていました。 しかし、N高で夢を明るく語る友人や挑戦できる環境を作ってくれる先生に出会い、 クリエイターになるという夢に向かって私は行動を始めました。 Adobe CCを使った制作などを通して、チームのみんなと意見交換しながらデザインスキルを磨き 進学のためのポートフォリオ作成に取り組んでいます。

中学生だった私へ

中学生の私は、周囲に流されていることが多かったと思います。 でも、自分の好きなことを「好き」と、もっと自信を持って言っていいのだと思います。 「好きなこと」を分かち合える友達が見つかれば、お互いにいい影響を与え合うことができます。 そして、「好きなこと」を「やりたいこと」に変えてください。

Read Message

大野 直人

大野 直人さん

本当の自分探し!

あるとき、自分の将来に不安を感じ、N高の先生や友人、知り合いの大人と話しました。そこで自分が本当に好きなことは、コミュニケーションだと気づきました。大学に進学し、将来コンサルタントとして活躍するために、職業体験やワークショップに参加するだけでなく、企画立案を進めています。


中学生だった私へ

挫折や困難な体験は、その時は辛いですが、立ち止まって自分を考え直すチャンスです。その場から逃げることも大切ですが、挫折をどのように活かすのかを考えてください。様々な人から話を聞くことで、自分の視野を広げることができます。そして自分を探してください。きっと挫折が自分にとってプラスの経験に変わるはずです。

Read Message

西塚 紘

西塚 紘さん

教員になるために!

N高に入るまでは、ほどよく勉強しながらも友人と遊んだりスポーツをしたり、平凡にしたいことをしていました。 でも、N高では生徒がそれぞれの夢に向かって頑張っています。 私の夢は、子供が一番やりたいことを目指すための場所を創る、そんな教育企画ができる教員になることです。 夢が明確になり、大学進学に向けてすべき勉強の中で分からないことを具体化して、取り組んでいます。

中学生だった私へ

中学生の時は英語が嫌いで、英語ができなくてもよい、やる必要性がないと思っていました。 そうした中、受験という必要に迫られて手当たり次第に問題集を解くようになりましたが、効率がいい学習方法とは言えません。 先生に質問をしたり、解き方を相談しながら、まずどこが分からないかをを具体化することが必要です。

Read Message

森 美樹

森 美樹さん

小説で人をつなぐ!

N高に入る前、体調不良で学校へ通えないことがありました。 でも小説を読んでいるときは病気のことを忘れるくらい、夢中になっていました。 私の夢は小説家か記者になることで、大学の文学部への進学を目指しています。 N予備校文芸創作授業だけではなく、必修授業受験対策授業で世界史や地理の知識を得ることで、 自ら書いている小説にも深みが出ることを実感しています。

中学生だった私へ

同級生において行かれるという気持ちがあり、みんなが普通に勉強する姿がすごく羨ましかったです。でも、その苦痛は永遠ではありません。自分で進路を決めて、N高に入りました。自分から踏み出せば、変われる場所がN高。自分の好きなことを共有できる仲間をつくってください。自ら動けば、きっと何かが変わります。

Read Message

城代 太一

城代 太一さん

e-Sportsで生きていくために!

ゲームが好きで得意です。N高に入り、ゲームをする側から作り手側になりたいと変わりました。ゲームの大会を観て、イベントを仕掛ける仕事に就くことが目標になりました。プロジェクトNで企画書を提出し、キャンパスフェスティバルで運営を実践しながら、学んでいます。やりたいことは主体的に進め、やらなければいけないことも計画通りに進められるようになりました。

中学生だった私へ

自分の進路など選択を適当に考えないで欲しいです。日常生活でもふとしたときに選択を求められる場面があります。効果も含めてしっかりと考えて判断してください。物事をもっと突き詰めて考えることで、友達へかける言葉も自分の行動も変わることがあります。そして、物事の捉え方も変わっていくはずです。

Read Message

渡邉 瑠璃子

渡邉 瑠璃子さん

音楽を仕事にするために!

私は小さい頃から音楽が好きで、音楽家を目指す一方、お金を稼ぐために音楽をすることへの違和感を持っていました。 しかし、N高の先生がご自身の人生を語ってくださり、私の視野は広がりました。 自分の大好きな音楽が人を幸せにし、社会に貢献し、あくまでその結果として、お金を稼ぐことになるのです。 いまは、進学して音楽の道に進むことを決断しています。

中学生だった私へ

新しい環境や挑戦は怖いと思います。周りの才能やすごさに怖気づくこともあるでしょう。でも、いつか未来は拓きます。人とペースが違っても、成長できます。自分の才能を信じてください。まだ、時間はたくさんあります。怖がらないで、自分の好きなことに挑戦して、選択肢を広げてください。

Read Message

中村 有里

中村 有里さん

プロジェクトを通した仲間!

いわゆる優等生として周囲から評価されていたと思います。しかし、アイデンティティの確立について、ずっと考え、違和感を抱えていました。そこで、N高起業部で社会への価値を提案し、マイプロの関西大会に出場できました。また、プロジェクトを通して友達ができました。同じ目標に向かう中で、自分を相手に表現し、受け止めてもらったことが、一番うれしいです。

中学生だった私へ

頑固な自分。悩んでも、なるようになります。そして必ず成長します。自分が思うがままに行動をしても大丈夫です。考えすぎて、動けない自分も受け止めて欲しいです。実は、誰でもみんな悩んでいます。みんなも考えています。うまく言葉にできる日が必ずくるから、諦めずに考え続けて、人と話してください。

Read Message

山本 達也

山本 達也さん

自分なりのリーダーシップ!

N高に入り、グループでおこなうプロジェクト学習などのカリキュラムに取り組む中で、 今までと違った視点に気づき、やりたいことが見えてきました。 今はマインクラフトというゲームを使ったプロジェクトのリーダーとして、チームのパフォーマンス向上を目指しています。 ファシリテーターとしての役割も担い、メンバーが成長できる主体的な学びの場を作っていきたいです。

中学生だった私へ

中学校時代は、何がやりたいのか考えたのだけど、やりたいことを見つけられず、努力をしませんでした。 人と話すことが苦手で、あとから疲れを感じることもしばしば。 でも、勇気を出して周りに対して主体的に働きかければ、世界が広がります。 自分の意思で選ぶことで見えてくるものもあります。夢を見つけて欲しい。

Read Message

金谷 風琉馬

金谷 風琉馬さん

イラストとゲーム制作で自分を表現する!

以前の私は、人間関係の難しさを嫌気し、目立たないようにしていました。 好きなイラストを学ぶための場所もありませんでした。 しかし、N高では自分のやりたいことを徹底的に突き詰める環境があり、それが私には合いました。 今後、イラストのコンテストに作品を応募していこうと思っています。 また、友人とチームを組んで、異なる年齢層でも一緒に遊べるゲームを作ろうとしています。

中学生だった私へ

自分の得意なことや個性を、たとえ少しでもいいので周りに表現してください。 それを誰かが見てくれています。そうやって思いを共有できる友達を見つけ、自分を思いっきり表現できるようになりましょう。 また、いろいろなことに挑戦しましょう。それをコツコツと続ければ、そこで得たものがきっと財産になります。

Read Message

熊田 千怜

熊田 千怜さん

プログラミングで夢を実現!

昔から活発で、勉強も得意、優等生な方だったと思います。 ただ、それでも将来自分がなにをしているか、漠然とした不安がありました。 しかしN高に入ってプロジェクト学習に取り組み、プログラミングという確かなスキルを習得したことで、不安が消えました。いまは企画を立てる楽しさを大切にし、自らが作りたいウェブサービスを完成させることを目指しています。

中学生だった私へ

プログラミングを本気で勉強してください。 自分の作りたいアイデアが先行しているけれども、プログラミングの知識や技術を持てば、それを形にすることができます。 そして、自分の将来は自分で探すものです。いまはそれを探すフェーズ。ですので、いろいろなことに挑戦して欲しいです。

Read Message

河合 佑真

河合 佑真さん

生徒を巻き込むイベント!

以前の学校では、学力一辺倒の空気に疑問を感じていました。N高に入り、プロジェクトNでファシリテーションを学び、言葉やモノづくりで人と人をつなぎチームにできることを実感しました。前から引っ張るのではなく、後ろから押し上げるリーダーとして、マイプロの全国大会に出場しました。今後は、全国で開催されるN高オープンキャンパスに他の生徒も巻き込みたいです。

中学生だった私へ

環境を越えることを“逃げ”と考えるかもしれません。しかし、辛い状況を変えようと判断するのは自分です。新しい環境でやりたいことを見つけたり、行動できることが大切なことです。それを僕はN高生活で実現し始めています。実社会で働く大人など様々な人と出会うことで、自分のやりたいことを見つけて欲しいです。

Read Message

村上 航太

村上 航太さん

自分を表現する!

以前は、「絶対に前に出ない」生徒でした。相手の顔色を窺ってしまい、人の前で話すことは苦手でした。N高に入って、様々な友達ができました。背中を押してくれる友達。サポートをしてくれる友達。明確な夢を語る友達。多様な個性を友達を集めて、ゲームをつくり人を幸せにすることが私の夢です。夢を叶えるために、一歩踏み出して、周囲に自分から話しかけています。

中学生だった私へ

周囲と上手くいかないこともあります。しかし、それは自分が変わるチャンスにもなります。小さくてもいいから、自分が変わるきっかけとなる行動をして欲しいです。状況や環境が変わることで、自分が変わるかもしれません。自分の意思を持って行動すれば、道は拓けるはずです。友達と共に夢を見つけてください。

Read Message

Page Top